洋楽

英語用例


英語用例記事一覧

翻訳はやはり必要です翻訳はやはり必要です梅が香にのっと日の出る山路かな − 芭蕉Suddenly the sun ros...

原著の選び方原著の選び方英語が本当に分かってくると翻訳などとてもこわくて手掛けられるものではないと思う一方、読んでいるも...

翻訳の前にまず原文を一回読む翻訳の前にまず原文を一回読む文章は必ず読者に伝えたい何らかの思想内容を持っているに違いありま...

原著者の思考の流れをまず理解する原著者の思考の流れをまず理解する翻訳とは先ず原文、つまり原作があって、それを翻訳者が理解...

翻訳者は専門分野のエキスパート翻訳者は専門分野のエキスパート誤訳のない翻訳にするには三つのことが肝要です。第一に英語を正...

日本語表現力を養う日本語表現力を養う翻訳とは英語の原文を日本語に直して書くことですから、先ず英語が読めなければ翻訳はでき...

できるだけ日常語を使うできるだけ日常語を使う谷崎潤一郎はその著「文章読本」の中で用語について次のように述べています。(1...

いい耳をもついい耳をもつ英語のセンテンスでは文尾が動詞で終わることはごくまれで、文末には目的語や副詞などが来るのが普通で...

翻訳による表現の創造翻訳による表現の創造最近日本のコマーシャルで「手にやさしい洗剤」という言葉が聞かれますが、これはki...

原文の文体を伝える原文の文体を伝える翻訳に当っては、原文の意味内容を誤訳なしに正確に日本語に移しかえると同時に、原文のも...

英訳との比較検討英訳との比較検討最近は日本文学の英語翻訳が、日本語や日本文学に精通した英米人の手でいくつも本になっていて...

日本語と英語の語順の違い日本語と英語の語順の違い先ず次の日本文とその英語翻訳とを比較してみましょう。知らぬ間に来て泊まっ...

慣用表現を大切に慣用表現を大切にGeorge, Tom, and Bill came the next morning....

辞書の訳語にとらわれないこと辞書の訳語にとらわれないこと訳語というものは文脈から、その場に最も適したものをいくらでもつく...

英文解釈の公式をうのみにしない英文解釈の公式をうのみにしない英語の公式をうのみにして、それを機械的に応用して英文解釈をす...

英会話の必要性英会話の必要性翻訳を志す人は十分に英語原文の読解力を持っている必要があります。しかし、英会話、つまり英語を...

ゼスチュアの勉強ゼスチュアの勉強人間の会話はただ単語を並べたセンテンスを発声するだけでなく、必ず表情や身振り(ゼスチュア...

英語の敬語表現英語の敬語表現英語で相手を呼ぶのには目上・目下にかかわらず、いつでもyou、自分のことはいつでもIであり、...

英語の呼び掛け言葉英語の呼び掛け言葉日本語では直接本人に呼び掛けるとき、「社長」「魚屋さん」「先生」などと呼びかけます。...

会話の翻訳会話の翻訳先ず、日本語では男性の言葉と女性の言葉の間にはっきりした違いがあって、「今何時だい」と言えば男。「六...

英語のぞんざいな言い方英語のぞんざいな言い方会話の英語では文章英語と違い、語の省略や、音の変形や、文法違反がしばしば見ら...

女性言葉の訳し方女性言葉の訳し方一般的に言って日本語は男女の言葉使いの相違がはっきりしています。一方、英語では原則的に日...

方言翻訳法方言翻訳法日本語に関西弁、九州弁、広島弁、東北弁、東京弁などがあるように、英国や米国でもそれぞれの地方に方言が...

詩の訳し方詩の訳し方英語の伝統的定形詩には強弱の詩歩とか、頭韻とか、尾韻とか、十四行ソネットとかいう詩型の制約があります...

科学技術翻訳の無色透明性科学技術翻訳の無色透明性科学技術論文の翻訳はその性格が文学翻訳と全く別個のものですが、今日の日常...

受動態の訳し方受動態の訳し方英語で、I was surprised.<私は驚かされた>と受動形で表現するところを、日本語...

時制の注意点時制の注意点英語と日本語の時制のとらえ方の相違については<ああ思い出した>がNow I remember. ...

現在時制による過去の活写現在時制による過去の活写この方法はHistorical Present(史的現在時制)、Dram...

仮定法に足をとられるな仮定法に足をとられるな仮定法についてはIf it is fine tomorrow, we wil...

否定表現、非理論的表現の落とし穴否定表現、非理論的表現の落とし穴日本語には英語の否定語no- (nothing, nob...

比較級、最上級の訳し方比較級、最上級の訳し方日本語の形容詞は原形のみで、英語の-erやmoreに相当する比較級や-est...

未来表現の種類とニュアンス未来表現の種類とニュアンス英語の未来形にはshall, willのほかにいろいろな言い方があっ...

無生物でも主語になる無生物でも主語になる英語では生物でも無生物でも主語となることができ、He is a student....

代名詞で翻訳調が出てしまう代名詞で翻訳調が出てしまう日本語では英語のように代名詞を多用しません。「彼女」「彼」のような代...

I と You はできるだけ省くI と You はできるだけ省くThe train came out of the lo...

関係代名詞の訳し方関係代名詞の訳し方英語の関係代名詞は日本語のなかにはない文法要素なので、日本人はこれを翻訳するのが下手...

a とtheの区別を神経質にa とtheの区別を神経質にMary is a wife of Mr. Brown.メリーは...

名詞複数形の処理名詞複数形の処理日本人は日常の言語生活において文法規範としての数、すなわち名詞の単数・複数を意識すること...

副詞の位置副詞の位置英語の形容詞の位置は限定用法の場合、This is a beautiful flower.から分かる...

「〜させる」のlet, have, get, makeの違い「〜させる」のlet, have, get, makeの違い...

コンマの位置と訳し方コンマの位置と訳し方日本語では読点の使い方に厳密な規則はなく、書く人の気分や、息つぎの気持ち次第で、...

やっかいなandやっかいなand日本語には「が」「で」「など」「と」「そして」のような接続助詞があるにはありますが、英語...

前置詞で意味が変わる前置詞で意味が変わる日常頻繁に用いられる英語の動詞ほど、前置詞と組み合わされていろいろな用法が発達し...

ofはいつでも<〜の>ではないofはいつでも<〜の>ではない英語のofは次のような場合には<〜の>と翻訳してよいのですが...

結果を表す不定詞to do結果を表す不定詞to do不定詞のto doは「〜するために」と目的を表すのに多く用いられるの...

自由に品詞転換する自由に品詞転換する例えば「彼は言葉が分からない」というのを日本人に英訳してもらうと、たいていの人がHe...

upとdownupとdown日本語では「上り」といえば「東京へ向かって」の意であり、「下り」とは「東京から離れて」の意で...

one/the other とone/anotherone/the other とone/another二つの物、または...

Yes とNoをとり違えないようにYes とNoをとり違えないように英語では相手の質問のかたちがどうであろうとそれに無関...

hopeとwishの訳し分けhopeとwishの訳し分け日本人がよくhopeとwishとを同じに翻訳するという誤りをおか...

too many, too much, enough, sufficient の区別too many, too much...

「旅行」を表す類義語の差異「旅行」を表す類義語の差異「旅行」の意の次の英単語は意味が重なるところのある同義語ですが、それ...

人が重点か動作が重点か人が重点か動作が重点かI saw him run.は<走っている彼を見た>と<走っている>に重点を...

センテンスの強調部をつかまえるセンテンスの強調部をつかまえるセンテンスはどこか力点があるもので、例えば「出かけていく彼の...

並列部分は同じ表現形式で訳す並列部分は同じ表現形式で訳す意味のうえで並列関係にある部分は同一表現形式に翻訳することが大切...

表現を裏返して訳す表現を裏返して訳す「気分が悪いんですか?」と日本語で言う場合、英語ではAre you all righ...

訳文の文末の処理訳文の文末の処理日本語の訳文はとかく「〜である」「〜であった」「〜です」「〜でした」「〜なのだ」といった...

登場人物の性格を正しくとらえる登場人物の性格を正しくとらえる小説の登場人物の性格はそのもの言いや、行動にはっきり表れます...

登場人物の名前登場人物の名前小説の中に出てくる人物の名前についての知識があると、その人物の性格が推測できて、解釈や翻訳の...

固有名詞のカタカナ表記法固有名詞のカタカナ表記法外国人の名前や外国の地名などの固有名詞のカナ書き表記法が一つの文章のなか...

カタカナ書きの外来語はなるべく使わないカタカナ書きの外来語はなるべく使わない日本語のなかには外来語が大量に入り込んでいる...

訳注のつけ方訳注のつけ方翻訳文中にやたらに註がつくのは読者の流れをさまたげるのであまり好ましいこととは言えません。なかに...

イタリックは傍点で表すイタリックは傍点で表す英語の文章の中でイタリック体(斜体活字)で印刷してある部分はアンダーラインと...

英語の句読記号の意味英語の句読記号の意味日本語では「,」と「。」、たまに「―――」くらいしか使わず、しかも明白な法則がな...

註釈書の註をうのみにしない註釈書の註をうのみにしない市販の註釈書は絶対誤りがないという保証はありません。註をつけて人に思...

動植物の訳し方動植物の訳し方翻訳のむずかしい動植物の名前を翻訳する場合には三つの方法が考えられます。その第一は英語名をそ...

オノマトペの訳し方オノマトペの訳し方擬声語は翻訳のむずかしいものの一つです。一般的に言って日本語のほうが擬声語が豊富です...

身体各部の名称の日英語比較身体各部の名称の日英語比較身体各部の名称で日本語と英語で意味がずれていることがあるので、翻訳に...

英英辞書を併用する英英辞書を併用する“I’m sorry” she smiled ironically.拙訳: 「すみま...

英語類義語辞典を利用する英語類義語辞典を利用する例えば英語の”clever”と”smart”とはともに「かしこい」「利口...

新語辞典を座右に備える新語辞典を座右に備える英語は(日本語も同様ですが)時代とともに絶えず変化しています。例えば、The...

引用句辞典を常備する引用句辞典を常備する英米人は文章のなかにごく自然に聖書やシェークスピア、そのほか有名な小説や詩からの...

スラング辞典の必要性スラング辞典の必要性英米の標準辞書には人前で口にすることをはばかれるような卑猥語や禁忌語のたぐいは一...

便利な英語略語辞典便利な英語略語辞典日本の新聞の求人欄を見ると、「求セールスマン優遇賞二昇一社保退完歴写急送」とあります...

日本語辞書をどう使うか日本語辞書をどう使うか翻訳にあたって英英、あるいは英和辞書で単語を調べ、適訳を自分で考えついたなら...

原著者への問い合わせ原著者への問い合わせいかに語学の達人でも、原著者本人に聞かなければ分からないところが必ずあるもので、...

英米人の友人を日本国内でつくる英米人の友人を日本国内でつくる英語を読んでいて辞書を引いてもどうも分からない箇所に出会った...

英米の文化的伝統を知る英米の文化的伝統を知るThe thought of power obviously neither...

英米の生活を知る英米の生活を知る生活から切り離された言語研究は誤訳を生むことがあるから、翻訳者は英米の新聞や週刊誌を読む...

どうしても翻訳不可能な場合どうしても翻訳不可能な場合原則として翻訳者は何も省かないで、忠実に全部訳すのがよいのです。勝手...

訳文の推敲訳文の推敲翻訳する場合は、一応の下訳ができあがったならば、しばらくおいて、それからまた手に取って読み返してみま...

訳文を他人に読んでもらう訳文を他人に読んでもらう日本語訳文を通読してみて、常識的に考えておかしい所、あるいは理屈に合わな...

誤訳の発見法誤訳の発見法日本語に翻訳したものを読んでいて、理論的でなく理解に苦しむ部分がでて来たり、これはどうも人間の自...

誤訳を指摘されたとき誤訳を指摘されたとき翻訳といえば誤訳ということがだれしもすぐ頭にうかびます。誤訳というものは空気のな...