英米人の友人を日本国内でつくる

 

英米人の友人を日本国内でつくる

 

英語を読んでいて辞書を引いてもどうも分からない箇所に出会ったときは、おっくうがらず、恥ずかしがらず、ほかの人に質問するようにしましょう。

 

いいかげんに想像で訳しておくと、とんでもない誤訳をすることがあります。

 

このためには、日頃から気軽に聞くことのできるような人を作っておくといいです。

 

この場合、英語に通じた日本人でもいいですが、翻訳では単語や言い回しのほか、文化背景が問題になることがありますので、出来れば教養ある英国人か米国人であれば理想的です。

 

英米人なら誰でもよいというわけにはいきません。無教養な英米人より、日本人で英米の生活を知っていて、英語の語感の発達している人のほうが安全です。

 

あるいは東京あたりに翻訳コンサルタントグループのようなものができて、質問一件当たり料金いくらと決めて、誰でも気軽に問いあわせられるようであればはなはだ好都合であり、日本の翻訳の質が格段に向上するはずです。

 

そのような翻訳サービス業あるいは翻訳産業と接触をもっておくことをお勧めします。