医療英語:enterohepatic circulation

 

薬物が腸と肝臓のサイクルを回ることを「腸肝循環」と呼びます。脂溶 性の薬物は、肝臓で代謝を受けた後、水溶性の抱合体となって胆汁と一緒 に十二指腸に放出されます。抱合体は腸管から吸収されないため、便と一 緒に排泄されますが、腸内細菌が抱合体を分解してもとの脂溶性物質に戻してしまうと、薬物はまた腸管から吸収され循環します。