最速でマスターする英語ゼミ | 基礎・応用・医療・ビジネス

医療英語:事例:最小径高画質硬性神経内視鏡の開発【医学英語ゼミ】

 

Frameless free-hand maneuvering of a small-diameter rigid-rod neuroendoscope with a working channel used during high-resolution imaging

 

手術操作チャンネル付最小径高画質硬性神経内視鏡の開発とそのフリーハンド手術手法の提唱

 

読者が,現時点でのその領域の未解決な問題点を認識しているというレベルでタイトルを掲げるのが基本原則!

 

読者の認識を,「現在ある各神経内視鏡の利点と欠点およびそれらの限られた手術手技を理解している」というレベルに置いて,これらの現状からは考えられない新たな手術機器と手術手技の開発をアピールする論文タイトル.

 

“Technical note” として論文のカテゴリーを明記するのは効果的.

 

研究結果をアピールし,結論として未解決であった問題点に1つの解答を示すのは決定的!(特に新しい答えが得られた場合)

 

1つの内視鏡では得られない各機種の特長を全部そなえた新しい神経内視鏡という直接表現を用いずに具体的な特長を“small-diameter rigid-rod”“working channel” “high-resolution imaging” というキーワード的表現法で表し,“of’ “with” “during” で一語化している.そして,同じぐfree-hand maneuvering”という新たな手術手技の提唱を結論的に印象づける論文タイトル.

 

 

★★英語ゼミ【最速で英語をマスターするサイト】目次★★