最速でマスターする英語ゼミ | 基礎・応用・医療・ビジネス

医療英語:事例:胎児水頭症の画像診断法【医学英語ゼミ】


Intrauterine high-resolution magnetic resonance imaging in fetal hydrocephalus and prenatal estimation of postnatal with perspective classification

 

胎児水頭症の子宮内MRI高画質画像診断法の開発と 大局観的分類

 

法を用いた出生後予後の予測

 

解説

 

読者が現時点でのその領域の未解決な問題点を認しているというレベルでタイトルを掲げるのが基本原則です。

 

読者の意識を「胎児期より発生、進行する先天性水頭症の病態や出生後の予後が不明瞭なことからその治療指針も定かでない」というレベルに置き、 新たな出生前診断法と先天性水頭症の分類法を用いて その未解決な臨床上の間題点に挑まんとする論文タイトルです。

 

先天性水頭症が胎生期に診断されるに至って、その病態や形態が少しずつ明らかになりつつある中で 著者らが積極的に用いてきた胎児MRI画像診断法の開発をまずタイトルに記します。

 

 

★★英語ゼミ【最速で英語をマスターするサイト】目次★★